看護師の結婚事情

一昔前まで、看護師というのは生涯独身が当たり前というおかしな認識が定着した時代もありました。激務で知られる看護師の仕事ですから、結婚するとなると家庭と仕事の両立が難しく、仕事を優先して結婚を諦めてしまうという看護師も少なくなかったわけです。そうした前時代の名残は、まだまだ今の時代にも残っていると言っても過言ではないかもしれません。

というのも、やはり看護師になるとどうしても婚期が遅れがちになってしまうからです。もちろん、結婚するかどうかは多かれ少なかれ本人次第というところがあるため、一概に婚期が遅れやすいとも言い難いところがあるのは事実です。中にはすぐに寿退社してしまうような看護師もいたりしますし、いわば本人のやる気次第でいかようにも婚期を早めることはできるでしょう。しかしながら、看護師の仕事というのは激務であることがほとんどであり、忙しい合間を縫って出会いを求めたりすること自体が難しいというのは否めません。夜勤などを含めて働いていると、生活がどうしても不規則になってしまい、周りの一般男性との時間の感覚がずれてしまうこともあります。その結果として、婚期が遅れてしまうことがあるということなのです。

もちろん、初めから仕事だけという人もいるでしょうし、誰かと添い遂げるということだけが価値ではないでしょう。とはいえやはり女性であったらいつかはと考えるものですし、婚期を逃さないためにもできるだけ時間を作って、積極的に行動に出てみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です